100均ダイソーで買った”目の粗いクシ”で自宅ヘアカラー中

100均ダイソーでよく買う”目の粗いクシ”。

ヘアカラーや白髪染めで必須のアイテムです。

 

使い捨てるので、私はいつも目の粗いクシは100均モノです。

 

目の詰まったコームだと・・・

 

自宅でセルフカラーリングする人にとって、目の粗いクシは必須アイテム。

市販のカラー剤にコームがついてればいいんだけど、

付いてないときには自前で用意するのが、この目の粗いクシです。

 

どれくらい目が粗いかというと・・・

こんなにも粗い。スカスカです。

 

 

「こんなの、手櫛(てぐし)でもいいんじゃ?」というくらいに粗いです。

 

 

ですが、そうでないとダメなんですよ。

このクシ、カラー剤を全髪の毛にまんべんなく塗り付けるための道具。

そんなとき、目の細かいクシなんかを使った日には、

 

 

せっかく髪の毛1本1本をコーティングしたカラー剤を、

すべてこそげ取ってしまうのです。

 

 

ヘアカラー剤って、やっぱり手の届きにくい後頭部の襟足あたりが

もっとも塗りにくく、生え際はとくにおろそかになりがち。

 

そんなとき、この100均の目の粗いコームで、

髪の根元を数センチずつ選り分けながら塗りこんでいくんです。

 

100均にはブラシタイプもあるけれど・・・

 

100均には(ダイソー以外にも)ヘアブラシがたくさん置いてありますが、

髪染めのときは絶対にコーム(平べったいクシ)でないとダメなんですね。

 

ヘアブラシだと、やっぱりカラー剤が櫛歯の根元に溜まってしまうから。

 

 

もっとも効率のいいのが、目の粗いクシなのです。

(カラー剤の説明書の多くにもそう書いてある)

 

 

 

ところで全然関係ないですが、私の好きなカラー剤は、

 

ヘンケルシュワルツコフのシリーズ。長年コレばかり。

 

 

他社のよりちょっぴりお高いんですが、ニオイとか刺激とかがごく少ない。

色合いも発色も見た目通りで満足です。

 

パッケージのやたらモードなお姉さんが目印。

前髪で目が隠れるような髪型の箱を見たら「サイオス」です。

 

 

自分は敏感肌で、ヘアカラーするときは頭皮がピリピリしたり

目が痛くなったりしやすいんですが、このシリーズだと

死ぬほど換気しなくても、呼吸も苦しくならず、かえっていい香り。

 

人によりますが、個人的にはお気に入りの市販カラー剤です♪

 

 

頭皮ケアに100円ショップダイソーのタコブラシは侮れません!

このお値段なら何個でも欲しい!100円ショップ「ダイソー」の夜会巻きコーム

100円均一キャンドゥで見つけた優秀コスメ「クレヨンタッチミー」

100均ダイソー「ミクロバンスクリップ」で伸ばしかけ髪ホールド

 


スポンサードリンク







このページのトップへ

【100均王】トップへ