これは買い!100円ショップダイソーの100円シューキーパーは最高!

100円ショップダイソー以外の一般的なシューキーパーのコスト

靴屋や紳士服店のビジネスシューズのコーナーには、必ず革靴と一緒に陳列されているシューキーパーですが、その価格は思いのほか高く設定されています。

革靴を綺麗な形で長持ちさせるためには、シューキーパーは欠かせません。

ただ、その価格は3,000円代から、高いものでは10,000円を超えるものまであります。

そこで、こう考えてしまいます。

「ここまで払ってまで購入するなら、値段を抑えて2足買う方が得であろう。」 と。

もちろん、シューキーパーの効果たるや非常に素晴らしいものがあります。

革靴にはシワが寄らず、常に綺麗に形を保ち、匂いの防止にもなります。

身だしなみは足元から、と言いますが、シワの寄っていないきれいな革靴は清潔感を感じさせ、仕事ができるような印象を与えることができます。

きれいな革靴というのは、営業や商談、就職面接などでも重要なポイントの一つなのではないでしょうか。

その素晴らしい効果に疑問の余地はありませんが、ただ革靴を買うごとにシューキーパーも同時購入していると、出費がかさむのは事実です。

特に新社会人には、なかなか手が届かないものなのではないでしょうか。

100円ショップダイソーのシューキーパーの機能性はいかに

結論から申し上げましょう。

高額なものと比較しても、その機能には何の遜色もございません!

かかとを伸ばすパーツがバネでできている点が、専門店のものとダイソーの100円シューキーパーとの大きな違いです。

ただ、形状をきれいに保つ機能にはほとんど差が見られない、と使用してみて実感しています。

つま先を伸ばす部分は木製であり、ダイソーの100円シューキーパーでも、革靴の中の湿気や匂いをしっかりと吸収してくれます。

ダイソーの100円シューキーパーで一晩固定した革靴のはき心地は、高価なシューキーパーと比較しても変わりません。

大変気持ち良く革靴を履くことができます。

これで、ダイソーにて両足でも税込で216円です。

コストの差は歴然です。

10分の1以下なのではないでしょうか。

さらに、某通販サイトにてシューキーパーを検索した結果、ダイソーの100円シューキーパーとほぼ同じような形状と機能のものが、10倍以上の価格で販売されていました。

結論です。

買う以外ないでしょう。


スポンサード リンク





このページのトップへ

【100均王】トップへ