お風呂掃除、100円ショップダイソーの「お風呂の湯アカ落とし」が便利

浴槽の湯アカ、こまめに掃除したいけれど

お風呂掃除は月に一度と決めると大掛かりになってしまうので、私は入浴後などにこまめに掃除することに決めています。

私の視力が悪いからかもしれませんが、浴槽の色と湯垢の色が似ているので、手で触ってみないと場所が特定できません。

普段はシャワーなのでそこまで気にならないのですが、たまに湯船につかると湯垢に触れて「あとでこの場所の湯垢を落とさなくては」という気持ちでいっぱいになり、リラックスできないことがよくありました。

100円ショップダイソーの「お風呂の湯アカ落とし」に出会うまで

湯垢を手軽に掃除できる方法はないかといろいろ試してみることにしました。

まずは自宅にあった「アクリルたわし」です。

洗剤を使わずに汚れが落とせる画期的なグッズで、普段は皿洗い用で使っているのですが、それで浴槽をこすってみました。

多少の湯垢は落ちるのですが、浴槽の面積が大きいからなのか、擦る場所にムラができてしまい、目で見たときは問題ないけれど、湯船に浸かると体に触れる程度の湯垢は残ってしまいました。

これでは今までと変化ありません。

浴槽に傷が付きそうだなと思ったので、すぐにやめました。

次に試したのは、ネットで購入した「水アカ汚れ消しゴム」です。

その名のとおり、消しゴムみたいに浴槽をこすることで湯垢を落とすというグッズ。

手にすっぽりはまる大きさで、使いやすいのではと購入したのですが、消しゴムでいうところの消しカスが大量に出てきてしまい、湯垢はよく取れるけれど消しカスの掃除という作業が増えてしまい、作業時間はほぼ変わりませんでした。

100円ショップダイソーの「お風呂の湯アカ落とし」は効果抜群


もっと手軽にささっと掃除できるものはないかと100円ショップ・ダイソーに入ったところ、「お風呂の湯アカ落とし」というシンプルな名前のスポンジに目が止まりました。

浴槽が傷つきにくい素材でできていると書かれていたので、まぁ100円だしと思い購入しました。

入浴後にそのスポンジで浴槽をこすってみたところ、湯垢がどんどん取れていきました。

浴槽を手で触っても、湯垢らしき手触りはなくツルツルです。

このスポンジは水切れがとてもよくて、手でぎゅっと絞ってから数回振ると、ほぼ水気がなくなっていましたし、翌日には乾いていました。

灯台下暗しといいますか、こんなに近いところに、手軽で便利な掃除グッズがあったなんて。

100円ショップを侮っていたことを反省しました。

このスポンジのおかげで、毎日の入浴が楽しくなりました。


スポンサード リンク





このページのトップへ

【100均王】トップへ