100均ザ・ダイソーのボディケア商品。使い方と割り切りが大事

100均ダイソーのボディケア商品は割り切りが大事

100均を利用する理由は、個人によって様々だと思います。

急な雨で傘が必要になった方や、お子様に買い与える筆記用具のコストを抑えたい方。

学校で使う手芸用品の出費をなるべく減らしたい方など、お客様が100均に求められるサービスは、文字通りお客様の数だけあると言っても過言ではありません。

さて、最近の100均では、筆記用具や雨具だけではなく、実に多種多様な商品が扱われるようになりました。

ガーデニング用品や食器、水時計などの娯楽用品、簡易的な腕時計。

そして今回、私が注目したいのが、ボディケア商品です。

除菌シートやフェイスパック、デオドラントやリップケア商品など、その品揃えはドラッグストアも驚くほどであるように感じます。

ここで考えたいのが、消費者の方々が、「100均の商品にいかほどの機能性や持続力、効き目を求めているのか」という点です。

私個人の場合、100均でボディケア商品を購入する場合、まず効き目や持続性には期待しません。

最近、出先で唇が乾燥して荒れたため、急遽安くあがるダイソーのリップクリームを購入しました。

塗った直後は、もちろん唇のつっぱり感は無くなり一安心しましたが、小一時間ほど経った時、ふと気がつくと、再び唇がカラカラに乾いていることに気がつきました。

この経験から、100均のボディケア商品に関して言えることは、「その場をしのぐ用途」として割り切るべきであり、根本的な肌質の改善や継続性を期待すると、少しがっかりしてしまうということです。

さて、ここまでボディケアの商品の持続性の乏しさについてお話ししてまいりました。

100均ダイソーのボディケア商品以外には良いものも


しかし、もちろん100均の商品の中にも、予想と値段以上に機能性が良い商品、いわゆるコストパフォーマンスが優れていると感じる商品はいくつもあります。

特に、私個人がオススメしたいのはキッチン用品や食器です。

もちろん、生産コストを抑えて量産されているものですから、食器は多少のいびつや凸凹がある場合もありますが、それさえ気にならなければ、普通の食器同様、とても長持ちしますし、冷凍庫に入れた際の急な温度差で割れることもありません。

キッチン用品に至っては、生産時にできる歪みはほぼ無く、使い勝手も良いものばかりです。

最近の我が家のキッチン用品や食器は、100均の商品がほとんどです。

これからも、食器やキッチン用品は100均で買い求めたいと感じます。


スポンサード リンク





このページのトップへ

【100均王】トップへ