物書きにはとても便利!100均キャンドゥのノート3冊セット!

物書きを目指して数年、ノートは山になって部屋に鎮座

もしかしたらこれを見ているかたの中にもいるかもしれませんが、わたしは物書きを目指しています。

目標としては脚本家なのですが、小説にも手を出していたりととりあえず物書き関係を狙っているのですが…

やはり物書きは狭き門のようです。

賞に応募してもなかなか入賞できません。

何度諦めようとおもったことか…

そして部屋にはノートの山があります。

これはすべて原案のようなもので自分の頭の中にあるものを書きなぐったものであったり、映画などをみて参考になった設定を忘れないように書き込んでいたりとさまざまな内容のノート達です。

自分がもがいた証であり勲章なのではありますが…

物書き志望の苦悩!意外とかかる100均キャンドゥのノート代

このノート代が意外と馬鹿にできません。

有名なものでコクヨのノートなのですがやはり1冊100円くらいします。

1冊だとそれほどな金額なのですがこれが何十冊、何百冊となっていくと費用はどんどんかさんでいきます…

将来のため、必要な出費ではあるのですがお金が出ていけばその分働く必要が出ますし、働くことで物書きの時間が労働に割かれてしまいます。

どうしたものかと考え、もっと安いノートを求めてキャンドゥへ行ったのですが、1冊のノートだとコクヨのノートが置かれていました。

もっと安いものはないかと探していると…

ありました。

3冊セットのノートです。

3冊で100円!ただ長期保存には向かない100均キャンドゥのノート


ノート代は実に3分の1まで削減できました。

これはおいしい!

と思っていたのですが…

やはり値段相応のノートだけあって、至るところが少し雑なつくりになっていました。

特に表紙と紙の部分をくっつけている根元の部分が思いのほか雑で少し余分なところまで紙が表紙にくっついてしまっています。

少しでも乱暴に扱おうものならその部分が剥がれ、下手をすると表紙から紙が取れてしまう原因になります。

また、紙も薄く少しのことで破れてしまいます。

そのため長期保存には向いていません。

これはアイデアノートとしては結構な痛手となります。

結果として、ノートはコクヨのものに戻しました。

キャンドゥのノートは切り取ってメモ帳として使っています。

長期保存していざ見ようと思ったらボロボロで見にくい…

なんてことになったら元も子もありませんしね。

ただ、紙の量に対してのコストパフォーマンスは素晴らしいものなので、メモ帳としては存分に活躍してくれると思います。


スポンサード リンク





このページのトップへ

【100均王】トップへ